そういえば大学生として最後の夏休みだった

普通に生きてたら今年が最後の夏休みとかになってたんでしょうが、あいにくモラトリアム期間のエクステンドが決定したり(後述)、そもそも進路に高専を選んでロボコンやり始めたあたりから夏休みなんてお盆くらいしかなかったりするわけで、最後の夏休みというタイトルにはなりそびれました。

そんないろいろと前置きしたくなる気持ちはさておき、今年の夏休みの話の総括とか、最近思うことをつらつら書きたいと思います。

実家帰った

今年は8/14から1週間くらい帰ってました。去年はだいたいそのくらいに帰って半月くらい実家にいたんだけど、今年はその先のイベントの準備やら研究室の都合もあってこのくらいの期間に。

帰るって言っても他の人とは違う期間に帰る気まずさ(勝手に感じてただけ)から、ちょっとは進捗を出してから帰りたくて、13日に大学が停電明けなら15に帰れればいいかなーと思っていたんだけど、よく考えたら実質的に12日の夜から復旧してるんだから夜明けまで作業してればいいんじゃんと思ってそこから諸々コード組んで軽くテストして、13の夕方にはそれなりの結果は出たので14日に帰れることに(ちなみにちゃんと12~13の間には寝てます)。実家は偉大なり。

ちなみに今回帰ることはほとんど誰にも言わないでこっちに来ました。理由は、16日に去年亡くなった友達の親御さん主催の偲ぶ会があったりしたのと、帰省前から私自身の精神的にいろいろ来るものがあって動くより休むのをメインにしたかったから。まぁ、部活のメンツとは偲ぶ会前後で顔合わせてるから問題なかったんだけど。会いたいって人がもしいたら、私が元気な時にでも。

休み中は基本的にお盆のお墓参りと、その偲ぶ会ってのと、命日に友達のお墓参りに(道に迷って親御さんに迷惑と心配をかけながら)行ったり、そんな感じで過ごしてました。あとは病院に薬もらいに行ったり、3月に再発した十二指腸潰瘍の再検査(胃カメラ)を受けたり。あんだけメンタルに来てたまに痛んでたのに、幸いな事に結果はなんともなく。ついでにメガネも変えて、だいぶ気分はスッキリしてこっちに戻りました。

DSC_0110

テンプルの模様とフレームのボルドーがお気に入り。レンズはブルーライトカット加工済み。

Perfumeのライブに行った

7月に半ばタナボタ的に取れたチケットでぐるんぐるんツアーのガイシホール公演に行ってきました。セットリストとかはもうナタリーあたりに書いてあるし、ツアーは終わったからもうネタバレ解禁かなと思いつつざっくり書くと、

  • 物販に並んでる時点(14時半ごろ)からリハの音がガンガン聞こえる。ちなみに聞こえてきたのはセンターステージでやっていたI still love Uともう1曲(ごめん忘れた)。
  • チーム分けは「コ」「メ」「ダ」。あ~ちゃんはコメダのレモンスカッシュとシロノワールが好きらしい。
  • Spending all my timeの時のコスプレをしてきた小さい女の子との掛け合いが起きる
    (あと広島からコスプレしてきた男の人とかと)。
  • PTAのコーナーはultra soul、ミュージック・アワー、trfのアレ。ダンスのやつは「すすき」「いなほ」「くりひろい」、さらに「とうもろこし」「シロノワール(!)」。
  • ステージ構成はCling Cling→センターステージへ移動→元のステージが変形してその過程にプロジェクションマッピングしながらDISPLAY仕様に、といった感じに。DISPLAY仕様の時のモニタはパナソニック製なのかな?
  • ホール公演だからなのかそこまでド派手にプロジェクションマッピングがあったりとかレーザービームで風船割ったりとかってことは無かったけど、3人のダンスや歌が映えるいい感じの公演だった。

あと思ったのは、3人の凄さだけではなく演出がやっぱりすげぇな、と。照明系の研究をやっている人間としてどういう照明の使い方をしているのか、演出に効果のある照明を考える上でどのような制御をしているのかという点を確認したいというのが今回チケット取った根底にあったわけで、そういう観点ではとても勉強になりました。

DSC_0121

会場で撮るものはあんまりなかったので、駅近くのキヨスクにあった看板をパシャリ。

今度は私が一番好きなFAKE ITをやりそうで、かつ演出も派手になるであろうドーム公演に行ってみたいですね。

ビジュアル情報処理研究合宿(VIP)に参加してきた

これはうちの研究室での行事だったんだけど、個人的には一番大変でもあり、いい経験になったかなと思います。
この研究合宿では自分の研究について「未完成でも」ポスターセッション形式で発表する場が提供されていて、私の研究についてもポスターを作成して(およそ3年ぶりに)発表したわけですが、

  • 画像の話と制御の話と照明の話が全部ごっちゃなまま発表していた
  • それぞれが中途半端になりすぎていた
  • 前提条件が弱かった

などなど、今考えてもやっぱりまだまだ未熟なんだなと、あわよくばポスターセッション賞でもなどと考えていた自分の甘さを身をもって痛感した次第です。12月の発表会に向けて、今後いろいろと考えるきっかけになったことは良かったと思います。

あとはアイスブレイクでマシュマロチャレンジしたり、グループディスカッションで思いっきりネタに走ろうとして途中で冷静になったり、あのウサギィの社長さんやかずー氏とお話させて頂いたり、他の大学の方々と色々なお話ができて楽しかったですね。私の昨年作って不良在庫と化していた名刺も(持っていったぶんは)品切れになるくらい配れましたし。

DSC_0123

協賛企業を探せ! (正解はセンター横)

ちなみに来年度の実行委員を引き受けることになったので、来年度の参加者の皆さん、そして諸先輩方からのサポートを受けながらいろいろと頑張って行きたいと思います。

その他

この時点で原稿用紙5枚半くらいになったみたいなのであと雑多な話はさくっと書きます。

大学院受かった

むしろ落ちたのうちの系でも1人しかいないみたいだったし。これでひとまずモラトリアム期間エクステンド(そうは思ってない)。私としては受かって当然くらいの感覚だったけど、親はちゃんと祝ってくれました。

C棟5階の中間発表に参加

VIP合宿明けの金曜開催だったので正直しんどかった。ポスターセッションの時ほどしんどい質問は来なくて少しホッとした(教授クラスは参加禁止?だったのもあるけど)。

久々に誕生日プレゼントをもらった

AmazonのWishlistを公開してしきりに宣伝(人はこれを乞食という)した結果、「リーダブルコード」と「LAMYのSafari(2014限定カラー)」が届きました。誰かコメント欄で名前くらい書いてくれるかなと思ったらどちらもお名前がなくて未だに直接ありがとうと言えず…

万年筆は最近よく使わせてもらってます(ボールペンの書き味に絶望するレベルで)。
リーダブルコードは…積んじゃってますが時間ができたらゆっくり読みます!ありがとう!

DSC_0093

LAMYの2014限定カラーは「ネオンコーラル」。写真で見るより実物は本当に眩しいほどの蛍光ピンク。

友達の送別会をしてきた

高専時代の部活の(私の代の)部長が名古屋勤務から地元に戻るってことで、その前に遊ぼうぜ!ってことで大須をブラブラして最後に名古屋めしってことで矢場とんに行ってきました。送別会というより遊んできただけって感じでしたが…
まぁ、地元勤務は大変らしいですがお互いに頑張ろうぜ!ということを言いそびれたのでここで表明しておきます。

DSC_0150

本当は世界の山ちゃんに行きたかったけど実は矢場とんのほうが大須に近かった

夏休みなんて無かったですがこうしてみると有意義な過ごし方が出来たかなと思いました。
最近またメンタルがいろいろきてる状態ですが、大須観音で引いたおみくじが大吉だったので無理しない程度に頑張りたいと思います。